写歴10周年 作品紹介




本日で写真を始めて10年が経ちました。
10年前の前日に、ネットでCANON EOS KissDNのキットを注文し、翌日の2005年8月9日に自宅にカメラが届きました。本格的に風景を撮り始めたのは後の話になりますが、デジタル一眼レフと出会ったのはこの日です。



これまで様々なコンテストなどで受賞することができ、ある程度の腕は付いたのかなと感じていますが、初めの頃なんて酷いものでした。風景写真を撮っているつもりが、ただの色が映っている程度の写真しか撮れず…。 それでも諦めず全て自己流で撮影し、がむしゃらに飛び回り手当たり次第撮影を繰り返していくうちにようやく形になってきました。



そこで10周年記念として、特に思い入れのある作品を10点紹介します。
紹介する作品よりも写真的に優れたものはあるかもしれませんが、そのような作品は別の機会として、今回は自分の心の中にいつも展示されている、思い入れが非常に深いものをピックアップしてご紹介します。








10位
b0191074_11504226.jpg
2009年
月光に照らされる滝を初めて作品レベルのものに仕上げることができた作品。
月夜にしか姿を表さない、滑津大滝の妖しくも美しい陰影に心打たれた。
月刊雑誌 『 フォトコン 』 受賞作で、「 個性ってなんだ? 」 という特集に作品とインタビュー、顔写真が掲載されました。







9位
b0191074_1151414.jpg
2014年
爆弾低気圧通過直後の浄土ヶ浜の風景。記録的大雪がデコレーションしてくれた。
シンボルの一本松は現在は消失しているのでこの写真はもう二度と同じように撮ることはできない。







8位
b0191074_11513037.jpg
2013年
何度も何度も通ってやっと撮影することができたシーン。満月の出とマガンのねぐら入りが叙情的だった。
CAPA一席受賞作品







7位
b0191074_1152574.jpg
2006年 kissDN
写真を始めて約一年後の夏に撮影した作品。それまでは夕焼けなど意識していなかったけど、初めて心から美しいと感動した時の一枚。この出会いから夕暮れになると空を気にするようになった。9年前のことだけど、今でもその時の感動をはっきりと覚えていて、この写真を見るたび、あの頃の大切な人達や未熟だった自分のことをふと思い出してしまい、思わず心がジンとなる。
デジタルカメラマガジン受賞作品







6位
b0191074_11521529.jpg
2007年 30D
撮影地は松島。
月光写真をまだ良く理解していなかった頃の写真だけど、低感度でバルブ撮影をしていた時に偶然遊覧船が通過した。空には露出オーバーで白く飛んだ月と、グリーンの光跡のカーペットがモニターに映しだされた。思わず声を上げてしまうほど驚いた。あの当時はこの写真が宝物だった。
デジタルカメラマガジン受賞作







5位
b0191074_11523061.jpg
2009年
鵜の巣断崖を照らす月光。
落差200mの崖にはヤマセが立ち込めていて月光が風景を炙り出していた。
とてつもない場所でとてつもない風景と出会ってしまい、このシーンを絶対に撮り逃してはいけないと、焦りながら撮影をおこなっていた。この写真を見た人が必ず言うのは、 「 まるで中国の風景みたいだ 」 という一言。
CAPAで竹内敏信先生から初めて一席を頂いた作品ということも思い出深い。
この受賞をきっかけに、自分の写真にようやく自信が持てるようになった。






4位
b0191074_1153778.jpg
2006年 30D
初期の頃に全力を注いだ場所の唐桑半島の折石。
ここには何度も通い、暗闇と夜の海の恐怖に怯えながら汗だくになって撮影した。
一人分のスペースしかない岩場に背中を押し当て、深夜に極限の状態で撮影していた。岩が崩れたり足を滑らせたら海に落ちて助からなかっただろう。暗闇がとても苦手で半島まで行く道のりで既に胃が痛くなる程だった。現地に着き冷や汗をかき、恐怖に震えながら谷底を歩いた。
この写真は感度100で6分前後のバルブ撮影をおこなっている。単純な月の出のように見えるけど、実は様々な計算の上で完成している。この頃フルサイズがあったら高感度の短時間露光で撮影していたと思うし、長時間かけて露光し完成する、滑らかな写真は思いつかなかっただろう。
この写真は自分の撮影スタイルを確立する作品となった。
月光の魅力にとり付かれた一枚で初期の一番思い入れのある写真。
月刊カメラマン受賞作品






3位
b0191074_11531994.jpg
2012年
白線に記載されている通り、蔵王の山頂へと続く道にて撮影。
まるで銀河へと続く道のように撮影した。
小説家: 真山 仁の 『 そして、星の輝く夜がくる 』(講談社)の表カバーに採用された作品(蔵王という文字は消してある)
裏表紙には南三陸町の朽ち果てた樹と星の写真が採用されている。
小説の内容と自分の撮影した写真のテーマが非常にマッチしていて、本屋で見かけるたびに今でも嬉しくなる。
裏話として、小説に関するあるイベントでトークショーに出演しないかとのお誘いがあったのだけど、僕はただの写真家にすぎないので、お誘いは嬉しかったけれど丁寧にお断りした。
せっかくお声を掛けて頂いたのに断るところが自分のマイナス点でもある。







2位
b0191074_11533262.jpg
2013年
ブログ初公開の作品。
3・11の津波の影響で海に沈んでしまった南三陸シーサイドパレス(気仙沼市・小泉海岸)
あのナショナル・ジオグラフィックの日本語版である 『 日経ナショナルジオグラフィック 』 誌に提供した5枚の作品の中の一枚で 「 写真は語る 」 コーナーの見開きに採用された一枚。
編集長から直にメールがあり実現した。しかもエッセイまでも担当することになり、大変な仕事を引き受けてしまったと当時は非常にプレッシャーがあった。

世界中のプロ写真家が最も憧れる雑誌に自分のコーナーができるなんて…。
今でも夢なのでは無いかと思ってしまうほどの出来事だし、自分が担当したことでナショジオのクオリティーを傷つけてしまうのではないかと不安になる程だ。







1位
b0191074_11534198.jpg
2011年
3・11の年の7月に撮影した、陸前高田市の 『 奇跡の一本松
松の上には夏の大三角と銀河が輝いている。
この頃はまだ松は生きていて、レプリカではない本物の松の木だった。
自分自身も被災者で、親戚にも亡くなった方がいたので、この写真を撮った時は様々な感情が溢れた。
震災で亡くなられた方々の想いを星空に重ね、祈りながら撮影した一枚。
撮影中、どこからともなく一匹の蛍が飛んできて松の周りをクルッと飛び、暗闇にスッと消えていったのが今も忘れることができない。

今の自分の撮影技術ならもっと星も綺麗に撮れるだろうけど、このような写真は技術云々で語るのは野暮かなと思うようにしている。 『よみうり風景写真コンテスト2011 』 のグランプリに選出され、写真集の表紙も飾ることのできた作品。








・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・







10点を選ぶのは大変でした。正直無理がありますね(汗

ホントは30点くらいにしたいところですが…。

あと、未公開で温めている作品も数点あるのですが、そちらも除外しています。



以上で、10週年記念作品のご紹介でした。

最後までお読み下さりありがとうございました。











10年目のお付き合いのcanon EOS KissDN と記念撮影。


b0191074_1154070.jpg










夏のBlog 【 あの頃の夏を探して



にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ

by B-Grace | 2015-08-09 14:29 | お知らせ


月光写真 //月光の蒼は心で感じた色を表現しています。 HNは『 JBL 』 .....写真の使用や依頼などありましたら下記のアドレスまで。 jbl4428※hotmail.co.jp ←※を@に変更(ジェイ・ビー・エル)


by JBL

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

タグ

(319)
(318)
(151)
(108)
(88)
(81)
(73)
(66)
(51)
(36)
(35)
(35)
(33)
(28)
(15)
(13)
(8)
(5)
(3)
(1)

画像一覧

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月

最新のコメント

>すさたんさん ありが..
by B-Grace at 19:01
ぅわー ほんまもんのペ..
by susatan at 05:49
>ふみふみさん ご無沙..
by B-Grace at 22:23
こんにちは コメント再..
by ふみふみ at 07:26
>trianglenyさ..
by B-Grace at 22:02
桜の桃色と透き通る夜空の..
by triangleny at 21:28
>ふみふみさん GPV..
by JBL at 14:53
こんにちは 今年は桜に..
by ふみふみ at 05:03
>aki-fotoさん ..
by JBL at 22:36
素敵な桜ですね~^^ ..
by aki-Foto at 07:49

一眼レフカメラ用語
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。