<   2015年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

難題ばかり



『撮影地周辺の画像』
b0191074_14353475.jpg



人里離れた寂しげな場所での撮影は、昨夜で一旦休止。
これからだと月明かりが強すぎて星の存在が薄くなってしまう。
天気もイマイチだ。


三脚位置固定の定点撮影。
月齢8までの西南西からの月光(シャッターチャンスは50分以内)、枝の隙間から見える北斗七星の光跡(葉が出てくると隠れてしまう)、無風でクリアな夜空。
この条件で30分~40分の長時間露光をしなければならない。


チャンスは1日に一度きりなのに、北斗七星の光跡が一つでも枝に隠れたり、構図から切れてしまうことがある。月光が余計なものを照らしたり、夜空がモヤってきたり、強風による木々のブレなど 「風景」 がJBLのミッションを 「全力」 で阻止してくる(汗
今のところ、80点くらいのモノが横構図で撮れているけど、目指すのは100点のモノ。
あともう少しで完成だ。





・・・それなのに20mmでの縦構図でもかなり良いものが撮れると判明。
しかし、この時期だと撮影は24時頃になるし、西南西の月明かりも必要となる。
またエライ難題が増えてしまった。(時期的にもう無理かもしれないけど)
しかも、構図に入っている樹の一部は桜と最近気がついた。
となると、どうしても4月の満開時期を期待してしまう。
それに合わせた設定やら時間を考えると更に難易度がUpか。



欲が出ると色んなシーンが思い浮かんでしまう。
流星群の時期、雪景色、桜満開期だったらどんな光景が撮れるのかと余計な期待をしてしまう。
他にも撮影に行きたいところがあるのに気になって仕方ない。
正直なところ深夜にこの場所で長時間露光をするのは結構なストレスだし、早くケリを付けたいのに。





「現場の写真も無しに何を延々と呟いているのだ」 と言われそうだけど(汗)
あぁ、ミッション完全完了は遥かに遠い…。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




ちなみに長時間露光での撮影は二台体制で行っている。
メインカメラのレンズはトキナー16-28mmF2.8+LEEのソフトフィルター。
サブカメラのレンズはキヤノンのEF16-35mmF2.8Ⅱ+プロソフトン。


使用フィルターが違う為一概には言えないけど、それを考慮しても描写性能が大分違う。
優秀なのはもちろんトキナー16-28mmで、妙な歪みも無くシャープで繊細な写り。コントラストも非常に高い。ピント合わせがとてもシビアでミスが目立ちやすいのが難点だけど、ガチピンが来た時はホント素晴らしい。


一方、EF16-35mmはトキナーが素晴らしすぎる為か、同じ構図で使用していると写真の仕上がりに粗が目立つこと目立つこと。
コントラスト、解像感、歪みも変でトキナーより明らかに描写が劣る。
フィルターの有無にかかわらず、星の光跡が若干太めで印象的に写るのは良いんだけどなぁ。







にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ

by B-Grace | 2015-03-29 15:00 | 星景写真

準備完了



b0191074_15523979.jpg



よしっ。
2ラウンド分のカメラ2台の設定と構図は決まり。

1Rは横と縦。
2Rは保険として横と横。
今夜は4枚撮影だ ^^

月光の差し込みと北斗もカバーできるハズ。
40分露光したかったけど、キツキツになりそうだから今回は控えめで。

今日は暖かいから若干霞が気になるのと、風が強いから杉のブレが悩みどころか。
2ラウンド目はノイズリダクションかけて撮影後は即撤収っと ^^






にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ

by B-Grace | 2015-03-27 16:33 | JBLの独り言

全部で何色あるように見えますか?



b0191074_3374095.jpg


突然ですが、全部で何色でしょう?

モニターのスペックにもよると思いますが、ぜひチャレンジしてみては。

テストはこのリンク先へ → クリック




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




僕はPCモニターで39見えました。
でも、時には37だったり、38だったり(汗)
それでも優秀な範囲だと思います。


このテストは、使用しているモニターによって見え方は大分違うのかもしれません。
結局、色あいに拘ってRAW現像しても、ほかのモニターでは全然見え方が違うんですよね。
これでは画像処理においても、色々と問題が出てきそうですね。


ちなみにiPhone6で確認したら36でした。


少し前に話題になった、リンク先にあるドレス画像は若干薄めの青と茶にみえます。
この前は青と黒に見えたはずなんだけどな。
一瞬、白と金に見えたこともありました。
体調によって違うのでしょうか…。


ドレスの色についての決着 → クリック

結論? → クリック






にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ

by B-Grace | 2015-03-26 04:03 | JBLの独り言

フォトテクニックデジタル2015年4月号 【君を見上げて】 誌面掲載




【 君を見上げて 】
選考:菊池哲男 氏
b0191074_14151753.jpg

フォトテクニックデジタル4月号にて 「 今月のあと一歩 」 として掲載されました。


タイトルに関しては様々な捉え方がある作品としている。
「 君を見上げて 」 の 「 君 」 というのは女性なのかオリオンなのか。
見上げている人物は撮影者なのか、それとも女性なのか。


ま、いずれにせよ、「 今月のあと一歩 」 には変わりない(笑


人物を大きく入れたかったなぁ。
でも、これ以上はどうしようもなかった。




............................................................................................




フォトテクは誌面掲載のみというパターンが10回もある。
一見活躍しているようには見えるけど、実はまともな賞は取れていないっていう。
一応、佳作や次点はありますが。。

しばらく月刊誌のフォトコンは休んでましたが、そろそろ続けて参加しようかな。
でも、雑誌系ではないフォトコンも色々控えているし、続くかどうか怪しいですが。。。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



そういえばフォトコン総評欄にて菊池先生が
「 沢山の星景写真が応募されてきています。最近の傾向としてそのどれもが高感度で星を止めるパターンです。 」
「 数十秒ではなく、本当の意味での長時間露光の優れた作品も期待しています。 」
と仰っていました。


以前から僕も感じていましたが、仰る通りなんですよね。
超高感度設定にし10秒~30秒以内の露光をするだけで、星を止めた写真は簡単に大量撮影できます。
一枚一枚に大した想いも計算も無い星景写真は、もうお腹いっぱいというメッセージと捉えることができるかもしれません。
点像の星景写真でも、あっと言わせるようなモノが撮れるのであれば別だけど…。





ちなみに現在僕が必死になって撮っている写真は40分前後の長時間露光写真です。
月明かり有りと無しのどちらも撮っていますが、今のところ月明かりがあった方が良い雰囲気に撮れています。
人里離れたとても寂しい場所で何度もチャレンジしていますが、未だ納得できるものが撮れていません。
一晩の撮影で1枚が限度。それ以上は星座がフレームアウトするし、月光の差し込み角度が悪くなるから撮れない。
点像でとる長時間露光よりも労力が必要ですし、様々な計算が必要になりますが、イメージに近いものが撮れた時の喜びはとても大きいと感じている。
40分で手応えのあるモノが撮れたら、今度は160分でチャレンジという目標もあります。
まぁ、露光が長ければ良いって訳ではなく、その場の雰囲気に合えば良い訳ですが。
もちろん撮影法は、合成ではなく一枚撮り。


レンズ前玉に付着する杉花粉やレンズの曇り、ノイズ対策には気を使うし、気温や湿度、月高度、月齢、星座位置、薄明の有無など様々な計算をしなければなりませんが、それも楽しみのひとつ。


あと、ストッキングも必要。
ちなみに履いたり、頭から被ったりする趣味は御座いませんのでご安心を(笑




b0191074_15533796.jpg


ちょっとした殴り書きメモ






にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ

by B-Grace | 2015-03-22 13:55 | フォトコンテスト

iPhone 6 オリジナル壁紙



b0191074_2324022.jpg



去年の9月にiPhone 6を入手。
待ち受け画面はデフォルトのままを通してきましたが、なんとなく思い立ち蔵王で撮影した夏の大三角の写真を壁紙として設定してみた。


iPhoneの白と蒼のコントラストが見事にマッチしたと思う。
蔵王の文字はあった方がいいのか、それとも無い方がいいのかちょっと迷うけど。
写真は鑑賞するなら横構図の方が好きだけど、縦構図の方が色々と使い道がありますね。


ちなみにこの写真は小説家 「 真山 仁 」 の単行本 【 そして、星の輝く夜がくる 】 の表紙カバーに使われた写真でもあります。








※ 『 そして、星の輝く夜がくる 』 まとめ → リンク先

※ 過去ブログ記事 → リンク先



にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ

by B-Grace | 2015-03-19 02:44 | 機材&アイテム

来月の皆既月食




そういえば来月は皆既月食だ。
去年の10月の皆既月食は浄土ヶ浜で撮影したし、今回はどうしようか。

今回も月だけをクローズアップして撮るのではなく、風景写真として撮りたい。
お手軽に松島と言う手もあるけれど、光害が多いから皆既中の星空を撮るのは無理だ。
皆既月食だけを撮るなら問題はないけれど、やっぱり暗い場所で皆既中に浮かび上がる星を一緒に撮りたい。でも、春だし霞がかっていそうで不安もある。


b0191074_149198.jpg
2014.10.8
皆既中の星空

天ガ掲載とは別コマVer. で、更に色かぶりを補正
独特の色あいは漁火の影響と思われ

天ガ掲載記事 → こちら






この写真、去年の10月のことなのに既に懐かしい。
4月の皆既食ピークは月の出から約3時間後だから、風景写真としては撮りやすいと思う。
暖かい地域なら桜と組み合わせるのも良いけど、4月初旬では東北地方の桜はまだつぼみだろうし。

レンズやフィルター有無はどうしようか。
広角レンズで構図をキメキメでいくか、それとも魚眼レンズでおおらかに撮るか、今から色々考えているのは楽しい。

ま、色々と念入りに計画を立てていると当日は無慈悲なダダ曇りってケースが多いから、あまり考えないようにしないと(笑






にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ

by B-Grace | 2015-03-17 20:42 | 天体写真

松島月光浴






月が大きくなった3月のある夜。



b0191074_22454613.jpg



松島湾は月光色に染まっていた。







にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ

by B-Grace | 2015-03-13 22:49 | 月光写真

隠れキリシタンの迫害、殉教の地を訪ねて.7 (最終回)





突然始めたこの企画も今回で一旦終わり。

最終回は大籠カトリック教会のご紹介。




大籠カトリック教会
b0191074_18451486.jpg

b0191074_1845251.jpg

b0191074_18454111.jpg

大籠教会はスイスのベトレヘム外国宣教会が、1952年(昭和27年)に大籠のキリシタン殉教者を顕彰するために建立し、同年12月11日、ローマ教皇使節バチカン公使フルステンベルク大司教によって献堂祝別式が挙行された。
設計 : フロイエル神父 (ベトレヘム外国宣教会)




岩手県の大籠地区は山深い静かなところで、森に囲まれた大籠教会はその外観と相まって、更に物静かで厳かな雰囲気が感じられる。
b0191074_18465231.jpg

2月の寒い時期の為か、大籠は全くひと気が感じられず、まるで時が止まったような異世界の雰囲気を感じた。それでも教会入口前の伐採跡は目新しく、老朽化した教会は現在も手厚く保護されていると感じられた。
ちなみにこの教会は無人で、巡回教会となっている。







大籠は小さな里にもかかわらずいくつもの刑場や史跡があり、その暗い歴史には思わず目を背けたくなる。のどかな農道が続く傍らに処刑場が点在することに、写真を見返し思わず戦慄が走る。





今回は史跡の写真とその案内板の内容だけのご紹介でしたが、大籠でのキリシタン迫害の歴史は文化遺産として貴重ですし、少しでも興味を持つきっかけになればと思いご紹介しました。
b0191074_18525991.jpg


残念ながら今回訪問できなかった場所は、「 大柄沢キリシタン洞窟 」 「 山神 」 「 大籠キリシタン資料館 」 「 大籠殉教記念クルス館 」 ですが、特に気になっているのが、 「 大柄沢キリシタン洞窟 」 で、ここはキリシタンが隠れてミサを行っていたとされる小さな洞窟です。


洞窟の奥には十字架とマリア像が安置されているとのことで、是非訪ねてみたい場所でしたが、僕はキリシタンではありませんし特定の信仰がある訳でもないのに、興味本位で訪れても良いものかと思いまして行けずじまい。また、遠く離れた山奥にあり、流石に単独行動での洞窟は気が引けるということもあり行けませんでした。
また機会があれば、、、ですね。

以上、これにて 『 隠れキリシタンの迫害、殉教の地を訪ねて 』 シリーズは終了です。





さて、明日は3月11日です。

東日本大震災から4年になります。





にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ

by B-Grace | 2015-03-10 22:00 | その他写真

隠れキリシタンの迫害、殉教の地を訪ねて.6




祭畑刑場
祭畑刑場とは、上野刑場より西へ200m離れた場所にある刑場。
地蔵尊が二、三基建っていて、殉教者が血を流した場所。
処刑中逃げた者を捕らえ、川向かいの約34m離れた松の枝に鉄砲を乗せ狙い撃ったとされる。

b0191074_21305937.jpg

b0191074_213177.jpg

b0191074_21314914.jpg

b0191074_2131581.jpg

やはりここの地蔵も首が無い。
地蔵の辻、上野刑場と続き、3ヶ所の地蔵の首が無くなっている訳は一体…。





そして、もう一つの案内板が無造作においてあった。
b0191074_213212100.jpg




隠れ穴
隠れ穴とは上野と祭畑刑場で処刑される数人が、処刑を恐れて隠れた穴。
しかし役人に発見され、祭畑刑場で銃殺された。

祭畑刑場と上野刑場の間に、キリシタンが隠れた穴があるらしいのだが、落ち葉や土砂の崩れた跡があり穴は確認できない状態。
しかし、錆びたチェーンで囲いがされている跡があるので、恐らくここが隠れ穴と思われる。

b0191074_21323947.jpg


b0191074_21332494.jpg

もう誰もこの辺りの史跡の保護は行っていないのだろうか?
このままだと、あと数年で完全に消えてしまいそうだ。





元禄の碑
上野刑場と大籠教会の間に立つ供養碑。
大籠にある刑場で処刑された者の遺体を供養することは許されず、
処刑から約60年後(元禄16年)、上野刑場と祭畑刑場の遺体を集めてようやく供養碑を建てることができた。

b0191074_21334593.jpg

「 信徒処刑後は夜な夜な男女の泣き叫ぶ声がし、殺気迫るものがあったらしい。 」
と、上野刑場の案内板と同じような文面が残されている。





つづく (最終回)





にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ

by B-Grace | 2015-03-09 23:05 | その他写真

隠れキリシタンの迫害、殉教の地を訪ねて.5




大籠キリシタン殉教公園
頂上にあるクルス館へと続く、309段の階段。
309段と言うのは殉教者の数らしい。
b0191074_2332229.jpg


b0191074_23324728.jpg
昇り口には石碑が。

高い木に囲まれた階段は昼間でも薄暗く、独特の雰囲気。
息を切らしながらも、1段1段踏みしめながら昇る。

頂上に立つととても見晴らしがよくて気持ちがいい。
しかし、肝心の写真は撮り忘れ…。




クルス館には立ち入らず、そのまま戻った。
そして、大籠教会前の停留所方面へ移動。

b0191074_23342897.jpg




この付近には 【 上野刑場 】(オシャナギ様) という刑場跡があり、94名の処刑が行われた。(寛永17年(1640年))
ここには8基の地蔵尊があり、供養碑も建てられた。
処刑の途中で逃げ出した者がいたが、200m程離れた 【 祭畑刑場 】 で撃ち殺された。



上野刑場 】(オシャナギ様)
b0191074_23565086.jpg

b0191074_23561394.jpg

よく見ると左のお地蔵様には子供が抱かれている。
右のお地蔵様は首が無い。


b0191074_2357177.jpg

処刑後、夜な夜な男女の泣き叫ぶ声がし、殺気迫るものがあったらしい。
しかし、すぐに遺体の処理や供養することは許されず、許可が下りたのは処刑から約60年後(元禄16年)とのこと。





【 祭畑刑場 】 へとつづく




にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ

by B-Grace | 2015-03-08 23:53 | その他写真


月光写真 //月光の蒼は心で感じた色を表現しています。 HNは『 JBL 』 .....写真の使用や依頼などありましたら下記のアドレスまで。 jbl4428※hotmail.co.jp ←※を@に変更(ジェイ・ビー・エル)


by JBL

プロフィールを見る
画像一覧

タグ

(329)
(318)
(151)
(109)
(88)
(81)
(73)
(66)
(51)
(37)
(36)
(35)
(33)
(28)
(15)
(13)
(8)
(5)
(3)
(1)

画像一覧

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月

最新のコメント

>すさたんさん ありが..
by B-Grace at 19:01
ぅわー ほんまもんのペ..
by susatan at 05:49
>ふみふみさん ご無沙..
by B-Grace at 22:23
こんにちは コメント再..
by ふみふみ at 07:26
>trianglenyさ..
by B-Grace at 22:02
桜の桃色と透き通る夜空の..
by triangleny at 21:28
>ふみふみさん GPV..
by JBL at 14:53
こんにちは 今年は桜に..
by ふみふみ at 05:03
>aki-fotoさん ..
by JBL at 22:36
素敵な桜ですね~^^ ..
by aki-Foto at 07:49

一眼レフカメラ用語
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。