<   2015年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

県民共済写真展 「春のどか」 入選




タイトル 【 春のどか
b0191074_22245382.jpg




平成27年 県民共済写真展にて入選しました

今年の春に遠征して撮った写真です。







だいぶ前に通知が届いていたのですが、なかなか記事にできず…。
このフォトコンには初めて応募しました。
ちなみに応募点数は2000点を超えたとのこと。







10月15日~10月25日まで県民共済ビルにて写真展が開催されていました。
残念ながら行けませんでした…。












夏のBlog 【 あの頃の夏を探して



にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ

by B-Grace | 2015-11-29 22:29 | フォトコンテスト

2015年 フォトテクニックデジタル11月号 次点 作品掲載




【 満月の睨み 】

b0191074_2022773.jpg




選者: 山本純一 氏

『 満月の夜に浮かぶ海岸。幼松を前景にした、◯◯さんらしい叙情的な美しい作品です。
撮影時点で色温度まで微調整し、撮影後の補正を最小限に留めている点に好感を持ちました。
夜間撮影に慣れていても海辺は危険がいっぱいです。潮の干満や波の状態に細心の注意を払わないといけません。くれぐれも無理はしないように気をつけてください。 』









一ヶ月以上前の記事ですがご報告。

撮影地は福島県の薄磯海岸。

震災前の古い写真です。








「 ◯◯さんらしい叙情的な美しい作品 」

「 撮影後の補正を最小限に留めている点に好感を持ちました 」






選者、山本先生のコメントがとても嬉しいです。

現像処理は最小限が一番ですね。

ありがとうございました。












夏のBlog 【 あの頃の夏を探して



にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ

by B-Grace | 2015-11-26 20:36 | フォトコンテスト

カメラマン×SanDisk 冊子に作品掲載




b0191074_19263970.jpg







b0191074_19264750.jpg




こちらの話題も若干古いのですが、記録としてお知らせ。




2015月刊カメラマン8月号の 「 ジャンル別フォトコン 」 にて1位を受賞した作品(クリック)が、サンディスクの冊子に使用されています。










店頭で見かけた時は、ぜひ手に取ってくれると嬉しいです。



ちなみに、どこに置いてあるのかと量販店で探してみましたが未だに見かけたことはありません(汗







受賞作品の月夜の秋保大滝
b0191074_19344133.jpg






ステマではありませんが、デジイチのメモリーカードはサンディスク以外使ったことありません。











夏のBlog 【 あの頃の夏を探して



にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ

by B-Grace | 2015-11-24 19:40 | 写真提供・取材

2015年 フォトテクニックデジタル10月号 次点 作品掲載




タイトル 【 夕凪

b0191074_23103089.jpg



選者 : 菊池哲男 氏

「 今まさに太陽が沈む、という夕景の作品です。派手な夕焼けではありませんが、優しい色合いで光芒も見えています。手前のボートの奥に係留されているのはヨットのようですが、何艇もあるので撮影地はヨットハーバーでしょうか?穏やかな海面に映り込むヨットのマストと淡い夕焼けも作品を引き立てています。 」        









PCが壊れていたので、2ヶ月も前のお知らせを今頃…。

今年の夏、何度も通った場所での作品です。

ちょっとコントラスト高めですが、プリントはもう少し落ち着いた感じです。






今回は作品掲載のみで受賞はなりませんでしたが、形として結果を出すことができました。

菊池先生、ありがとうございました。










夏のBlog 【 あの頃の夏を探して



にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ

by B-Grace | 2015-11-21 23:22 | フォトコンテスト

紅葉の安の滝




b0191074_23121289.jpg



ずっと憧れていた安の滝




二段になって流れる滝は落差約90mもある。




これまで様々な名瀑を見てきたけれど、文句無しにダントツの美しさだった。











b0191074_23122625.jpg




肉眼ではっきりと虹が確認できたけれど、あえてPLフィルターで虹を消し滝をくっきりと描写した。








b0191074_23123554.jpg



横構図でクローズアップ

この滝は撮る位置によって様々な表情を見せてくれる







b0191074_23125089.jpg



この滝がどれほど大きいのか、グリーンのジャケットを着ている人物と比較すると良くわかると思う。



上段の滝の滝壺まで降りていくことができるけど、他に撮影者がいる時は気をつけたほうが良いかもしれない。

ばっちりと構図に入ってしまうから、他の撮影者はブーブー言ってた。










こちらは紅葉前の安の滝

初めて訪れた時の写真だ

上段の滝には虹がかかっている。

時間帯によっては下段に虹がかかったり、ダブルレインボーを見せてくれることもある。

b0191074_23125720.jpg






安の滝へのアクセスは荒れた細い林道を車で数キロ走り、そこから約50分のトレッキングをしなければならない。

途中、足を踏み外したら確実に死んでしまうような危険な箇所があるので要注意。





そしてここはツキノワグマの巣窟でもあるので、十分に気をつけなければならない。

ちなみに桃洞滝のある桃洞渓谷もツキノワグマの生息地なので要注意。





しかし、この日は疲れた。

桃洞滝と安の滝の2ヶ所のトレッキングはハードだった。

でもね、、、最高ですよ。








そして最後に、


あくまでもこの撮影はロケハン


本番は、、、












このブログを長くご覧になっている方なら想像つくかと…(笑







夏のBlog 【 あの頃の夏を探して



にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ

by B-Grace | 2015-11-18 23:46 |

スターダスト




b0191074_22373089.jpg
15sec




紅葉写真の予定でしたが、ちょっと気分転換に星空の写真を。


牡鹿半島の御番所公園の星空です。


たったの15秒露光でこんなに沢山の星を撮影出来ました。


低空の星もバッチリです。


癒やされますね。 


贅沢な夜でした。













夏のBlog 【 あの頃の夏を探して



にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ

by B-Grace | 2015-11-17 22:43 | 星景写真

桃洞渓谷.4




b0191074_22213790.jpg




桃洞滝の撮影をきりあげ、戻りつつ渓谷の撮影を始めようとしたら、太陽の光がパーッと降り注いだ。

思わぬ出来事に振り返りつつ撮影。

なるほどね。 来年はこの光を活かして撮影をしよう。




b0191074_22214958.jpg



渓谷が染まる






b0191074_22215851.jpg



黄金色に






b0191074_22222279.jpg



落ち葉の流れつく場所

息を飲む光景にどう撮影すればいいのか混乱し、まとまりのない写真に

落ち葉の流れは意外に速く、シャッタースピードやピント位置に悩む







b0191074_22223361.jpg




流れる秋







b0191074_22224128.jpg




だいぶこの景色も色が変わってきた









気が付きと渓谷で6時間くらい撮影していた。

駐車場に戻ると、朝は誰もいなかったのに満車になっていた。

気温も朝は2、3℃だったのに、20℃以上まで上がり汗ばんでしまった。









いやぁ、本当に楽しかった。

夢中になって撮影していたけど、まだまだ撮り足りない。

もっと撮影を続けたいけど、午後は別の場所での撮影があるから直ぐに出発することに









次はこの旅のメインとなる撮影。

乞うご期待。







つづく







夏のBlog 【 あの頃の夏を探して



にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ

by B-Grace | 2015-11-16 22:54 |

桃洞渓谷.3





アラームに起こされて5:00に起床。

車中泊にもかかわらず、ぐっすりと眠ることができた。

身支度してすぐに出発。





行き先はまたもや桃洞渓谷。

この日は朝から集中して撮りたかった。

朝ごはんは、スニッカーズのチョコレートバーのみ。



b0191074_17385887.jpg



気温は2℃。

集落にガスがかかり幻想的に。






b0191074_1739138.jpg



この日は一気に桃洞滝まで歩いた。

朝の滝を撮った後、戻りながら撮影していくパターンだ。




b0191074_17392896.jpg


滝をクローズアップで撮る。

流れの集まるところに枝らしきものがあるのが残念。





滝はまだ日陰なので、少々青っぽい感じになった。








つづく







夏のBlog 【 あの頃の夏を探して



にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ

by B-Grace | 2015-11-15 17:52 |

老不知の滝




日本の滝ガイドブックに掲載されていた 『 老不知の滝 』 を探して、小阿仁村の集落を何度もグルグルと車で走る。




道路側から滝が見えるとのことだけど、全然場所が分からないし、それらしきものも全く見当たらない。
もう日が暮れそうなので、そばを歩いていた男性に声をかけて滝のある場所を尋ねたところ、快く案内してくれた。




すると大きな家?廃業したドライブイン?のある敷地に案内された。
この奥に滝があるらしいので、土地の所有者と思われるご年配の男性(お爺さん)に挨拶してから広い敷地を歩いて行った。




お爺さんが言うには、 老不知の滝はもう水の流れが止まってしまったらしく、今ではほとんど水が流れていないらしい。案内してくれた男性と滝があったと思われるところまで行くと、ちょろちょろとした水の流れはなんとか確認できた。しかし、僕がガイドブックでみた滝とは全く別物だった。





写真にとっても絵にならないけれど、やっと見つけたことだし紅葉は綺麗だったので一旦車まで戻って機材を持ってくることにした。




そこで案内してくれた男性とは別れた。
彼は釣りが趣味らしく、最近カメラにも興味が出てきたらしい。
別れ際に 「 ブログやってますか? 」 と聞かれたのでこのブログを紹介し、彼も釣りのブログをやってるとのことなのでサイトを教えてもらった。





そして機材を背負いもう一度滝へ。

残念がら日が暮れる寸前で、数カットを撮影すると日差しは消えてしまった。



b0191074_23262359.jpg




数年前までは滝が存在していた。




b0191074_2326315.jpg




今では僅かな水が流れ落ちる程度




b0191074_23264524.jpg




滝の上には鳥居と祠があった。









うーん。
残念。
本で見た滝は美しい姿だったのに。






滝というのは美しいけれど、非常にもろい。
ちょっとしたきっかけで崩れてしまうし、流れも止まってしまう。
滝に影響がなかったとしても、アクセス道が崩落し通行止めになってしまうケースもある。






宮城県だと、花山村の白糸の滝や削沢の滝も地震で消えてしまった。
秋保大滝も大雨の影響でアクセス道が崩落し、長い間近づくことができなかった時期もある。
見たい滝はなるべく早く行っておいたほうがいいと改めて思った。






老不知の滝は残念な姿だったけど、紅葉は色とりどりで綺麗だったので1時間くらい撮影を続けていた。
薄暗くなり車に戻ろうと敷地内を歩いていたらお爺さんが待っていてくれ、今朝取ったというビニール袋いっぱいの栗をくれた。






僕が帰るまで待っていてくれたのかな。
ちょっと嬉しい出来事だった。

滝の場所を案内してくれた彼やお爺さん、見ず知らずの滝巡り野郎に親切にしてくれて有難うございました。







その後は小阿仁村の道の駅で車中泊をすることに。
近くにローソンがあるからそこで食料を買い、持参したウイスキーを嗜み、心地よい孤独感を楽しみながらシュラフの中で眠りについた。

気温は4℃前後まで下がっていた。








夏のBlog 【 あの頃の夏を探して



にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ

by B-Grace | 2015-11-12 16:42 |

桃洞渓谷.2




b0191074_2255578.jpg






水たまりに沈む落ち葉





b0191074_22561745.jpg






雨の後のしっとりとした雰囲気がとても美しい。





b0191074_2256263.jpg






歩くこと1時間、ようやく滝の流れる音が聞こえてきた。

ずっと憧れていた滝と対面できるのかと、ドキドキしながら進む。










b0191074_22564249.jpg



そして、桃洞渓谷の神秘

桃洞滝がついに姿を見せてくれた。

紅葉に包まれるようにその滝は鎮座していた。






b0191074_22564945.jpg






この滝の存在を知ったのは、何年も前に購入した 『 日本の滝ガイドブック 』 をみて。


これ程神秘的な姿をしている滝は見たことがない。


写真からはあまり感じられないけど、実際に見るととても大きな滝だ。


憧れと対面し 「 やっと出会えたね 」 と心の中で呟きながら何度もシャッターを切った。








気が付くと太陽は山に沈み、辺りは少しずつ暗くなってきた。

もっと撮影を続けていたかったけど、暗くなる前に戻ることにした。








薄暗くなり、少し心細くなってきた。

森の奥から熊が僕を見ているのではないかと、ビクビクしながら早歩きで戻った。








暗くなった頃ようやく駐車場にたどり着くと、エンジンをつけたまま停車していた4WD車が走り去っていった。

ドライバーはクマゲラセンターの方かもしれない。

渓谷からなかなか戻ってこない僕を心配して待っていたのだろうか。

そうだとしたら申し訳なかった。







群青色の空を見上げると、星が少しずつ見えてきた。










この日の撮影はこれでおしまいですが、 『 桃洞渓谷シリーズ 』 はまだ続きます。















夏のBlog 【 あの頃の夏を探して



にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ

by B-Grace | 2015-11-11 23:29 |


月光写真 //月光の蒼は心で感じた色を表現しています。 HNは『 JBL 』 .....写真の使用や依頼などありましたら下記のアドレスまで。 jbl4428※hotmail.co.jp ←※を@に変更(ジェイ・ビー・エル)


by JBL

プロフィールを見る
画像一覧

タグ

(318)
(313)
(151)
(108)
(88)
(79)
(73)
(65)
(51)
(36)
(35)
(34)
(33)
(28)
(15)
(13)
(6)
(5)
(3)
(1)

画像一覧

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月

最新のコメント

>すさたんさん ありが..
by B-Grace at 19:01
ぅわー ほんまもんのペ..
by susatan at 05:49
>ふみふみさん ご無沙..
by B-Grace at 22:23
こんにちは コメント再..
by ふみふみ at 07:26
>trianglenyさ..
by B-Grace at 22:02
桜の桃色と透き通る夜空の..
by triangleny at 21:28
>ふみふみさん GPV..
by JBL at 14:53
こんにちは 今年は桜に..
by ふみふみ at 05:03
>aki-fotoさん ..
by JBL at 22:36
素敵な桜ですね~^^ ..
by aki-Foto at 07:49

一眼レフカメラ用語
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。