タグ:JBLの独り言 ( 151 ) タグの人気記事

星屑のジョージ・マイケル




b0191074_20501537.jpg






George Michael, Elton John - Don't Let The Sun Go Down On Me (僕の瞳に小さな太陽)










Queen & George Michael - Somebody to Love (The Freddie Mercury Tribute Concert)










また一人偉大なアーティストが星になった。

1月にデビッド・ボウイが倒れ、大きな衝撃を受けたばかりなのに。

2016の音楽界は寂しいニュースが続いてしまった。

天国でフレディやボウイと再会して、いつまでも歌い続けて欲しい。

















夏のBlog 【 あの頃の夏を探して



にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ

by B-Grace | 2016-12-26 20:26 | 音楽

10月 キノコと紅葉狩り まとめ




10月も本日で終わり。
9月も早いけど、10月もあっという間に通り過ぎた。




10月の撮影はとてもエキサイティングだった。
撮影には8回も行けたからまずまずだ。




成績は結構良かったと思う。
4月5月も良かったけど10月が一番だ。




10月前半は光るキノコ狩りで、後半は月明かりに照らされる紅葉(滝)狩り。
毎回深夜の山に1人で入山していたから度胸はかなりついたと思う。
今ならどんなに不気味な場所でも1人で行けそうな気分。
この冒険で得た度胸は大きなスキルアップだ。




でも深夜の月山では屈辱を味わった。
わざわざ片道200km近く運転して月山に辿り着いたものの、暴風だったこともありざわめく真っ暗な月山に入っていくことがどうしてもできなかった。


「 風も強いし、星もチラチラとしか見えないから… 」


と、都合の良い言い訳を考えて、車から降りることもなく撤収してしまった。
情けない話だ。





それと、今年は桃洞渓谷の紅葉を撮りに行けず悔いが残ってしまった。
去年はその美しさに酔いしれ、ひたすら感動していたのに。




紅葉のピークは一瞬。
まるで満開の桜のように繊細だから、ぼんやりしていたらダメだ。






....................................................................................................






今回撮影した月明かりに照らされる紅葉の滝は85点くらいのデキ。
初の去年と比べてだいぶ良くなった。
自分はセンスのある人間じゃないから、1度や2度で100点に近いものを撮ることができない。

それでも3度目なら撮る自信はある。
ここをクリアしないと次の滝に進めないから、来年は勝負の年になりそうだ。





今はその写真を公開することはできないけど、いつかその時がきたら紹介したいと思う。

もしかすると85点が100点に化けたりして(?)









〈 おまけ 〉

深夜の滝にむかう道を振り返り、なんとなく撮影した月明かりの渓谷。



b0191074_21364948.jpg




b0191074_2137955.jpg













夏のBlog 【 あの頃の夏を探して



にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ

by B-Grace | 2016-10-31 22:06

月光写真 あれから10年





b0191074_21494989.jpg
2006.9.5
19時頃







そういえば先月で月光写真を撮り始めて10年が経過していた。

この写真は宮城県の神割崎キャンプ場の波打ち際で撮影したもの。

初めて撮影した月光写真だ。

カメラはEOS 30Dでjpeg撮って出し。

当時のカメラはライブビューも搭載されていなくて、ピント合わせはほぼカン。

それまで夜の海で写真を撮る、しかも月明かりで撮るなんて考えたこともなかったから、どんな仕上がりになるのか全く想像がつかなかった。









月光写真を撮ろうと思ったきっかけは、このブログで何度か話題にしている月光写真家、石川賢治氏の影響を受けたから。

その青い神秘的な写真に憧れて、見よう見まねで撮影した。








b0191074_21505033.jpg










この日の海は大荒れだった。

月明かりに照らされた波がぼんやりと白くみえ、遠くにある大きな岩礁は何度も大波に飲まれていた。

波は足元まで打ち寄せ、波の力で丸く削られた沢山の石がガラガラと音を立てて転がってきた。

こんな落ち着かない場所で撮影しているのは不安で仕方がなかったけど、とても美しい光景だった。












b0191074_2151570.jpg









モニターに映し出された画像を見て手応えを感じた。

「 自分でも月光写真が撮れる! 」 と。

実は最初で最後となる、リバーサルフィルムを使った月光写真も同時に撮影していた。

ミノルタの古い35mmフィルムカメラにタングステンフィルムを入れていた。

レリーズケーブルは持っていなかったからシャッターボタンを1分近く押し続けていた。









b0191074_22414133.jpg
そのフィルムのパッケージがまだ残っている











あれから10年。

この夜が全ての始まりだった。

忘れられない想い出だ。













夏のBlog 【 あの頃の夏を探して



にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ

by B-Grace | 2016-10-26 22:52 | 月光写真

夕景




b0191074_23473475.jpg




余計な感情が邪魔をして、昔よく聴いていた曲をあまり聴かなくなってしまう。




最近そんな曲が増えてきて、ちょっと困ってしまう。














夏のBlog 【 あの頃の夏を探して



にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ

by B-Grace | 2016-09-25 23:50 | JBLの独り言

JBL CHARGE2+  買ってしまった…




b0191074_2284495.jpg





あ、 また…。




この前、CHARGE3を買ったばかりなのに、今度はCHARGE2+を買ってしまった。
一万円以下だったもので…つい。
先日の記事




CHARGE3の音質には満足しているのだけど、やはり800gの重さは持ち歩くのが大変だった。
メッシュのポーチやバッグに入れて背負ったり、ぶら下げたりするのは体に負担がかかる。








b0191074_23413966.jpg



そこで簡単な比較レビューを。

左がCHARGE2+で、右がCHARGE3







CHARGE2+

<特徴>
●ドンシャリ系で、キラキラしたサウンド。悪く言うとシャカシャカ。
●コンパクトで持ち運びがラク。←これに尽きる


<不満点>
●やはりCHARGE3と比べると音質は物足りなくイマイチ。
●低域は厳しい。重低音は再生しきれていない印象。
●ボリュームは中間以上あげると、耳障りになってしまう。
●極小音再生のボリュームコントロールが苦手。








CHARGE3

<特徴>
●重低音から高音までしっかりと鳴り、CHARGE2+と比べスケール感がある。
●生楽器はCHARGE2+よりリアルな雰囲気。音楽を楽しめる音作り(ここ重要)
●ボリュームを上げても音が崩れにくく、重低音もボンボン出る。
●部屋でミニコンポ的に聴くことのできる音質。


<不満点>
●重さ800gで、サイズもデカイ。
●長時間の持ち運びは負担になる。
●電源ONの起動音がデカイ。








ざっとこんな感じ。







600gと800g
200gの差は結構違う。
CHARGE2+ならザックと一緒に背負ったりぶら下げても、それ程負担にならないと思う。


今後はラジオ代わりにつかいたいけど、自然の中では騒音トラブルになるから注意。
山に行って心細くなってきたらラジオ代わりに使おうかな。
もちろん誰もいない時に。





※2017.7 若干訂正



夏のBlog 【 あの頃の夏を探して



にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ

by B-Grace | 2016-09-07 00:21 | 機材&アイテム

夏の終り





b0191074_21585999.jpg





気がついたら八月が終わってた。



以前なら夏の終わりは意味もなく感傷的になっていたけど、今ではそんな感情も無くなってきたような気がする。


歳を重ねていくと季節が変わっただけじゃ、何も感じなくなるのかな。



そういえば、夏が近づくと感じる無駄なワクワク感も、今年はあまり感じなかった。



楽しくなかった訳じゃないのに。














夏のBlog 【 あの頃の夏を探して



にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ

by B-Grace | 2016-09-02 22:09 | JBLの独り言

室根山 そして和光展望台




b0191074_23361489.jpg



2016年6月 


はじめての室根山 


きらら室根山天文台



b0191074_2336535.jpg



紙飛行機のように、ふわっと飛びたくなる








室根山を降りて、


b0191074_23371879.jpg



夕方にたどり着いたのは、8年ぶりの和光展望台。







b0191074_23373484.jpg



だいぶ、くたびれた展望台。

ペンキが剥がれ落ちている








b0191074_23375890.jpg



展望台の壁には蝶の落書きがあって、8年前もここで写真を撮った。

剥がれ落ちてきているけど、落書きはまだ残っていた。




あの頃の記憶がよみがえる。

なんだか嬉しい。











b0191074_2338292.jpg


この写真は8年前、2008年の初夏の頃に撮影した。

ただの落書きなんだけど、何故か忘れられない。








b0191074_23384653.jpg



2008








b0191074_23391263.jpg





壁に寄りかかっているのは、8年前の自分。



あの頃はタバコを吸っていたんだな。



今となっては貴重な20代の頃の写真。









b0191074_014766.jpg




2016年の夕景








夏のBlog 【 あの頃の夏を探して



にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ

by B-Grace | 2016-08-28 00:12 | JBLの独り言

JBL CHARGE3 / Bluetooth Speaker




b0191074_22321366.jpg





撮影時にラジオの代わりとして使おうと、JBL製のBluetoothスピーカー 『 CHARGE3 』 を購入。

iPhone6との連携によるブルートゥース4.0接続は、思っていたよりはるかに音が良くてかなり気に入ってしまった。

水筒のようなサイズだけど、ヘタなミニコンポよりも良いんじゃないかと思う。

スティーヴィー・レイ・ヴォーンの 「 Little Wing 」 や 「 Pride And Joy 」 のギターサウンドなんてホント痺れる。





音にメリハリがありスピード感がある。

若干乾いたような明るいサウンドがストラトキャスターの印象的な音を更に際立ててくれる。

目を閉じるとレイヴォーンの太い弦が弾ける様子や、フレッド上を動く指先までも脳裏に浮かんでくるようだ。

ギターアンプから直で音が出ているような感じだ。



b0191074_22330100.jpg




自宅ではセッティングが音の決め手となる。

床に直置きは低音がこもるからNG

できれば耳の高さくらいの位置にセッティングし、スピーカーとの距離は適度に離れたほうが臨場感が出る。

スピーカーと壁の間には30cmくらいの空間があると低音が豊かに響いてくれる。

なるべく剛性のある棚などに設置したほうがいい。

間違ってもソファーやベッドの上に置いてはダメ。

まぁ、気軽に使うのがこのスピーカーの面白いところだし、その辺に転がして音を出してもOKといえばOKだけど…。



b0191074_2234532.jpg






車では十分カーステの代わりにもなるし、海や山での使用など楽しみ方は無限だ。

アウトドアではまだ試していないから、どの程度の実力を発揮するのかは未知数だ。

恐らくボリーム80%以上で流すことになると思うけど、重量僅か800gのスピーカーだから仕方がない。

もし浜辺などでガンガン重低音を響かせたいなら、2.13kgもあるJBL 「 XTREME 」 が2台は必要になると思う。






「 CHARGE3 」 には6000mAh リチウムイオン充電池が内蔵されて、約20時間使用可能。

水没させても問題のない防水機能を兼ね備えていて、USBポートを介しモバイル用バッテリーとしても使用できる。

さらに、アプリを使用し2台同時再生のステレオも可能なので、オーディオに拘りがある方なら思わずニヤリとしてしまうかもしれない。




...............................................................................................





思わずベタ褒めしてしまったけど、ひとつ大きな問題がある。

「 CHARGE3 」 には JBL 「 FLIP3 」 や 「 XTREME 」 のようなストラップを取り付けるところが無い。

どうやって携帯しようか、ちょっと頭を抱えている。

手に持って歩くのは不自由だし、ロープで巻いてザックに抱きつける。もしくはネットに入れてぶら下げる…。

どれもピンとこない。



じゃあ 「 FLIP3 」 で良かったんじゃないか? と思うところだけど、アウトドアで使用するにはパワーが足りなすぎる。

まぁ、そんな悩みは購入前から覚悟していたけれど、 「 CHARGE3 」 にはそれ以上の魅力が詰まっている。








「 CHARGE3 」 を手に入れるとアウトドアで積極的に音楽を流したくなる。

だからこそ人がいる場合は要注意。

マナーを大切に、そしてアウトドアでは自然の音を楽しむことを第一にしていきたい。











2016.08.27
※ 追加レビュー


ここ数日鳴らしまくったところ、色々と見えてきた。
スペック表の再生時間よりもはるかに長い時間再生できていると思う。
20時間以上は全然余裕だ。
初日にフル充電してからまだ一度も充電していない。


音質は録音が良い音源は更に良く鳴らしてくれるけど、チャートインするようなジャンルのJ-POPはラジカセ程度の音になってしまう。音源が悪いとそのまま悪い音がでてしまう。


得意なジャンルはジャズ、ロック、アコースティック、ボーカルなど。
苦手なのはヘビーなロック、R&B、クラッシック。
生音系は良いけど、ディストーションや重低音は厳しい。
音が解像しきれず団子になってしまう。
まぁ、これはしょうが無い。
だって800g程度のスピーカーだ。


それと、小音での再生は苦手だ。
平凡な音になってしまうから要注意。
ボリュームをガツンと上げて鳴らすと本領発揮してくれる。
小さいハコのくせに鳴りっぷりが良いから、まさにJBL製って感じだ。


欠点もあるけど、総合的には非常にレベルの高いスピーカー。
買って失敗はないですよ。








夏のBlog 【 あの頃の夏を探して



にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ

by B-Grace | 2016-08-24 23:05 | 機材&アイテム

SAILING FOREVER 白くま


b0191074_19323024.jpg


実家で幼稚園のころに使っていたお弁当の箸、スプーン、フォークセットが出てきた。
(カトラリーっていうのかな?)








薄っすらと記憶に残っているけど、幼稚園児の頃はすっごい泣き虫で、年少組の頃は幼稚園に行きたくないといつも泣いていた。

お弁当も食べたくないと、いつも残したり、全く手をつけなかった事もあった。
家に帰ってからお弁当を食べて、やっと笑顔になるようなちょっと困った子供だったような気がする。

b0191074_2042160.jpg








それでも、お弁当の包みにこのクマのセットが入っていた時はなぜか心強くて、泣きたくなってもこのクマの顔を見て泣かないように頑張ってた。



クマの顔といっても、すごく小さいんだけど…。

b0191074_2043082.jpg


箸のケースを少しずらし、笛のように口にくわえて勢い良く吹くと、 「 ブ~ッ! 」 っと音が出るのも楽しかった。




b0191074_2034773.jpg




クマが船で旅をしている謎のストーリー。

この絵が大好きだったなぁ。

裏を見るとサンリオって記載されてた。







なんかかわいそ、自分…。

どんだけ、親を困らせていたんだろか(汗)











夏のBlog 【 あの頃の夏を探して



にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ

by B-Grace | 2016-02-06 20:16 | JBLの独り言

スターダスト の デヴィッドボウイ



b0191074_23282561.jpg




今日、星空と教会の見える場所にいたら、ラジオからデヴィット・ボウイが10日に亡くなったとの訃報が。
いつかこんな日がくるだろうと覚悟はしていたけれど、またひとり自分の大好きなミュージシャンがこの世を去ってしまった。




僕が二十歳くらいの時に初めて彼の音楽を聴き大きな衝撃を受け、70年代半くらいまでのボウイにとことんハマった。特に72年発表のアルバム 『 ジギー・スターダスト 』 が大好きで、ミステリアスでドラマチックな音楽に魅了された。
「 好きな洋楽は? 」 と聞かれたら、必ずデヴィット・ボウイの名を挙げたし、そう答えるだけでも誇らしい気分だった。



突然の知らせで、はじめはショックしか感じなかったけど、車に戻りフロントウィンドウ越しに星空を眺めていたら、ただ ただ寂しさに包まれ、もうこの世にボウイはいないという現実に打ちひしがれるだけだった。
帰りはボウイを知るきっかけになった1969/1974のベストアルバムを流した。そしてハタチの頃を思い出したり、既にこの世にはいないミック・ロンソン、マーク・ボラン、フレディーマーキュリー、カート・コバーンなどのミュージシャンを思い浮かべながら自宅へと戻った。








今もボウイを流しているけど、

ただ ただ、寂しいねぇ…。










<DAVID BOWIE / Lady Stardust
彼は充分だった バンドもいいし
彼は素敵だった 歌は終わることなく続いた
彼は怖しいほどイカしたやつだった
まったく本当の天国さ
彼は夜をぶっ通しで歌った


Lady Stardustより



b0191074_23265120.jpg






夏のBlog 【 あの頃の夏を探して



にほんブログ村 写真ブログ 星景写真へ

by B-Grace | 2016-01-11 23:32 | 星景写真


月光写真 //月光の蒼は心で感じた色を表現しています。 HNは『 JBL 』 .....写真の使用や依頼などありましたら下記のアドレスまで。 jbl4428※hotmail.co.jp ←※を@に変更(ジェイ・ビー・エル)


by JBL

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

タグ

(319)
(318)
(151)
(108)
(88)
(81)
(73)
(66)
(51)
(36)
(35)
(35)
(33)
(28)
(15)
(13)
(8)
(5)
(3)
(1)

画像一覧

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月

最新のコメント

>すさたんさん ありが..
by B-Grace at 19:01
ぅわー ほんまもんのペ..
by susatan at 05:49
>ふみふみさん ご無沙..
by B-Grace at 22:23
こんにちは コメント再..
by ふみふみ at 07:26
>trianglenyさ..
by B-Grace at 22:02
桜の桃色と透き通る夜空の..
by triangleny at 21:28
>ふみふみさん GPV..
by JBL at 14:53
こんにちは 今年は桜に..
by ふみふみ at 05:03
>aki-fotoさん ..
by JBL at 22:36
素敵な桜ですね~^^ ..
by aki-Foto at 07:49

一眼レフカメラ用語
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。